天心vs皇治

おそくなりましたが、先月の9月27日にRIZIN24で、

那須川天心選手と元K-1の皇治選手が対決しました。

結果は那須川天心選手の判定勝ち。

 

皇治は天心にパンチをほとんど当てることができず、

フルマークの完封負け状態でした。

   

 

戦う前から実力差があると言われていた二人ですが、

 

皇治選手は体格差を生かし、ガードを固め、クリンチを多用するクレバーな戦略でした。

 

天心のカウンターを警戒して、ディフェンシブにいったのだと思いますが、

少し物足りない気もしました。

 

とはいえ、あの天心を相手に一度もダウンしなかったのは

正直すごいです。

 

 

 

皇治選手はK-1時代に武尊選手とやったときも、

負けはしましたが、名勝負を繰り広げて株をあげています。

  

名勝負製造機ですね。

武尊に実力では劣りますが、気迫では負けてなかったです。

自分もあの真っ向勝負の打ち合いはガチで感動しました。

 

 

負けても評価が上がるって、

皇治選手は不思議な選手ですね。

 

普通、アスリートが負けて評価が上がるなんてありえないです。

 

だから皇治選手は競技者であり、加えて、エンターテイナーの要素も持っているんでしょうね。

人間的魅力というか…

 

まさに「皇治は俺たちのスーパースター」

ですね。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です